メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「14カ月予算」案を発表

 福岡県は15日、2016年度一般会計当初予算案と、15年度2月補正予算案を発表した。22日開会の県議会に提案し、「14カ月予算」として一体的に運用する方針。両予算案には、農林水産業の競争力強化や県特産の高級イチゴ「あまおう」の米国市場開拓など、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の承認・発効に備えるための新規事業計13件の関連予算41億4800万円を盛り込んだ。

     TPPを巡っては、関税率10%以上で、国内生産額10億円以上の農林水産物33品目に関する影響を政府が試算したところ、全国で最大約2100億円生産額が減少する。県は、関税撤廃を見据えた「攻めの農業」に取り組むため、あまおうの輸出拡大の可能性に着目した。

     あまおうは、高級ブランドとして香港を中心にアジアで人気があり、14年度は約85トン輸出された。補正予算案では、ニューヨークなど大都市消費者の好みの把握や物流費の検証など、米国輸出に向けた調査費用として340万円を計上。さらに、ベトナムなどアジア向け水産物輸出に関する調査費用180万円も確保した。

     TPP関連としてはほかに、一般会計当初予算案に(1)米や麦のコスト削減と生産拡大に向けた機械導入費として4200万円(2)果樹の優良品種への入れ替え助成費として5000万円−−などを盛り込んだ。

     一般会計当初予算案の総額は過去最大の1兆8026億円で、補正予算案は221億円。【門田陽介】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 交通事故 軽乗用車とバイク衝突 4人死亡 群馬・太田
    2. 盲導犬 「汚れる」と乗車拒否 運輸局、タクシー会社処分
    3. 宮藤官九郎 ゆとり世代は脅威 「自分たちには未来がない」
    4. 伊勢志摩サミット 「リーマン級」に批判相次ぐ
    5. 八代市役所 外壁に落書きの47歳男再逮捕 熊本県警

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]