メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

年1.4%減 2四半期ぶりマイナス

 内閣府が15日発表した2015年10〜12月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.4%減、この状況が1年続いた場合の年率換算で1.4%減となり、2四半期ぶりのマイナス成長となった。個人消費や住宅投資の減少が主な要因で、景気が依然、停滞していることを鮮明にした。年明けからは世界的な株安や円高の進行など日本経済を取り巻く環境は悪化しており、先行きの不透明感が強まっている。

     石原伸晃経済再生担当相は同日の記者会見で、「金融市場での変動が見られるが、日本経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)は良好で、変化があるとは思わない」との認識を示した。

     GDPの6割を占める個人消費は、前期比0.8%減と、2四半期ぶりのマイナスだった。テレビやパソコンが大きく減少し、11〜12月の暖冬の影響で冬物衣料やガソリン・灯油も減った。円安に伴って食品などが値上げされる一方で、賃金の伸びが依然鈍く、消費者の節約志向が高いことも影響している。

     住宅投資も1.2%の大幅減で、4四半期ぶりのマイナス。新設住宅着工件数が昨年6月をピークに減少傾向にあり、マンション価格の上昇による買い控え傾向も出ているという。

     一方、設備投資は前期比1・4%増で、前期からプラス幅を0.7ポイント拡大した。好調な企業業績を背景に、国内向けのソフトウエア関連などを中心に投資が伸びた。逆に在庫投資はGDPを0.1%分押し下げた。消費の不振から企業が在庫の削減を進めている可能性が高い。

     輸出も0.9%減で2四半期ぶりに減少した。世界的な景気減速の影響を受け、米国向けの金属加工機械や新興国向けの船舶、半導体製造装置などが不振だった。輸入はスマートフォンや原油・天然ガスなどが落ち込み、1.4%の減少。輸入の落ち幅が大きかったため、「外需」は成長率を0.1ポイント押し上げた。

     物価の変動を反映した名目成長率は、前期比0.3%減、年率換算で1.2%減だった。名目成長のマイナスは2四半期ぶり。

     15年の年間のGDPは、実質が前年比0.4%増、名目が2.5%増。実質は2年ぶり、名目は4年連続の増加になった。【横田恵美】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 傷害 ラジオ番組中に共演女性暴行 パーソナリティー逮捕
    2. ドラゴンクエスト OP曲が東横線渋谷駅の発車メロディーに 7月5日から2カ月間
    3. ナナちゃん人形 鼻息「シュー」
    4. 東芝 白物の自社生産に幕 「総合電機」の看板下ろす
    5. オオキンケイギク 外来雑草から抗がん物質 岐阜大教授ら

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]