メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証

終値1069円高 1万6000円台回復

 15日の東京株式市場の日経平均株価は、前週末終値比1069円97銭高の1万6022円58銭で取引を終えた。日経平均株価の上げ幅は取引時間中に一時、1200円を超え、終値で3営業日ぶりに1万6000円を回復した。同日の東京外国為替市場で、円相場は一時、1ドル=114円台まで下落した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 五輪フィギュア 「もうちょっと滑る」羽生が現役続行へ
    2. 平昌五輪2018 フィギュアスケート 羽生、故郷と歩んだ夢 宇野、妖精が認めた力(その2止) 5歳、真央さんが誘う
    3. 五輪フィギュア 羽生「金」、宇野「銀」 男子フリー
    4. 五輪ジャンプ レジェンド葛西の飛躍 姉と亡き母が見守る
    5. 火事 キャンプ場でテント全焼 中に男性遺体 福岡・篠栗

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]