メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スキーバス転落

下り1キロ減速せず 運行記録計で判明

事故発生時刻に合わせて現場に向かって手を合わせた事故を起こしたバスの運営会社「イーエスピー」の高橋美作社長(右)と山本崇人営業部長(左)=長野県軽井沢町で2016年2月15日、安元久美子撮影

 長野県軽井沢町のスキーツアーバス転落事故で、バスは現場手前の峠頂上から事故現場までの下り坂約1キロ区間を加速し続け、減速した形跡はないことが、バスに装着された運行記録計(タコグラフ)の記録から分かった。捜査関係者が明らかにした。現場の国道の制限時速は50キロだが、転落直前は96キロに達していた。

 大学生13人と乗員2人が死亡し、乗客26人が重軽傷を負った事故は15日、発生から1カ月を迎えた。県警軽井沢署捜査本部は、土屋広運転手(65)=死亡=がブレーキを踏んだものの、速度が出過ぎていて制御できなかったとみて、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で捜査している。

 捜査関係者によると、バスは国道18号碓氷(うすい)バイパスの入山(いりやま)峠を越えた直後から始ま…

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文988文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 東京地裁 目黒女性殺害、被告が殺人罪否認、遺棄は認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです