メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ガスボンベ爆発

53歳被告、起訴内容を否認 札幌地裁

 札幌市北区で2014年1〜4月、警察施設や量販店で相次いだカセットこんろ用ガスボンベの爆発事件で、激発物破裂などの罪に問われた無職、名須川(なすかわ)早苗被告(53)の裁判員裁判初公判が15日、札幌地裁(田尻克已裁判長)であり、名須川被告は「私はやっていません」と爆発事件5件の起訴内容を否認した。

     名須川被告は捜査段階から爆発事件への関与を一貫して否認していた。一方、年賀はがきを万引きしたとする窃盗罪については、名須川被告は起訴内容を認めた。【日下部元美】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ボクシング 選手苦しむ地獄の減量「最後はレタス1枚」
    2. 南北首脳 朝鮮戦争「終戦」意思確認へ調整 27日会談
    3. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
    4. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
    5. ボクシング 井岡、引退の可能性浮上 背景に父子関係こじれ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]