メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本電鉄

緑で丸みの「青ガエル」引退の日にファン多数

引退を前に多くの乗客でにぎわう「青ガエル」=熊本市北区室園町の北熊本駅で2016年1月17日、井川加菜美撮影

 丸みを帯びた愛くるしい緑色の車体から「青ガエル」の愛称で親しまれた「5000系」の全国唯一の現役車両が14日、老朽化のため熊本電鉄(熊本市)で引退を迎えた。東急東横線などで活躍した後に熊本電鉄に譲渡されて約30年間運行。ラストランには全国からファンが詰めかけ、最後の雄姿を見守った。

 熊本電鉄によると、引退する5000系は1957年に製造され85年に譲り受けた「5101A号車」。つり革にファッションビル「渋谷109」の広告が残るなど車内には東急時代の名残が残る。

 この日は青ガエルを見送ろうと駅や線路沿いで多くのファンがカメラを構えた。最後の運行を終えた青ガエルは午後9時ごろに北熊本駅に到着。お別れのセレモニーをした後、関係者らが拍手で長年の労をねぎらった。

 今後は北熊本駅で保存され、後継車両として東京メトロ銀座線で使われた「01系」を譲り受けて運行する。【井川加菜美】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー 「半端ない」活躍を期待 日本代表・大迫選手 仰天プレーに絶叫、Tシャツ販売好調 /東京
  2. 自殺偽装容疑 44歳姉を逮捕 弟に多額の保険金 堺
  3. 静岡女性遺体 「怖くなって車降りた」 2容疑者が供述
  4. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  5. 社説 加計学園理事長が初会見 軽すぎる「作り話」の始末

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]