メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マイナス金利の衝撃

識者に聞く 冷静に家計影響把握を 八ツ井慶子・生活マネー相談室代表、ファイナンシャルプランナー

=竹内紀臣撮影

 日銀がマイナス金利を導入するが、私たちが金融機関にお金を預ける際の金利がすぐにマイナスになって預貯金が減るわけではないので、慌てる必要はない。ただ、今後家計に与えるプラス面、マイナス面は十分把握する必要がある。

 プラス面で影響が大きそうなのが住宅ローンだ。既に金利はかなり低いが、今後もさらに引き下げが進む可能性がある。手数料を十分考慮しながら借り換えを行えば、ローン残高を数十万円から数百万円程度減らせる家庭も出てくるだろう。ただし、先にマイナス金利を導入した欧州では、銀行の収益が悪化して住宅ローンが逆に上昇したケースもあるので、今後の動向には注意が必要だ。

 一方、低金利で保険会社の運用環境が悪化するので、終身保険や個人年金保険など貯蓄性があって保障期間が…

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文823文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  2. いじめか 数人で男子生徒に暴行する動画をインスタに投稿 新潟青陵高校
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 注目裁判・話題の会見 元モーニング編集次長は妻を殺害したのか 東京地裁・初公判詳報
  5. ややパリには遠く~南仏留学記 寒さを避けて楽しむ「ゲームの夜」 冬場のフランス、こんな過ごし方も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです