メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

新聞で学ぼう・NIEのヒント ICT教育進める小豆島 読書活動と両立、香川・町立土庄小学校の取り組み

 瀬戸内海に浮かぶ小豆島−−というと、壺井栄の「二十四の瞳」に登場する“岬の分教場”がイメージされそうだが、香川県土庄(とのしょう)町立土庄小学校(赤谷忠校長)は2015年4月に同町内の4小学校が合併して誕生した。3年3組の岡亨教諭(58)は、東京学芸大の「デジ読評価プロジェクト」の実践研究を始めて4年目で、毎日新聞社の記事検索ソフト「毎索(まいさく)」などを使った情報通信技術(ICT)教育をしている。また同校は読書活動も盛んで、新聞と書籍を両輪とした教育がその特徴だ。

この記事は有料記事です。

残り969文字(全文1206文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 小沢健二さんが追突事故 八王子市の路上、自分で警察に通報
  5. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです