メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サミット数日前 養殖船の航行自粛を県警要請

サミット会場となる三重県志摩市の賢島(中央)。沿岸には多くの真珠養殖いかだが浮かぶ=本社ヘリから2015年12月6日、兵藤公治撮影

「魚の鮮度心配」「包丁携帯大丈夫か」

 伊勢志摩サミット会場の三重県志摩市の賢島で15日、住民向け懇話会が開かれ、約50人が出席した。懇話会は県などが各地で開催しているが、賢島では初めて。

     三重県警の篠原英樹警備部長は、真珠養殖業者などの船に識別旗を配ることを検討していると明らかにした上で、サミット数日前からの航行自粛を要請した。

     ただ、詳しい警備計画は「策定中」と述べるにとどめ、「テロ抑止のため詳細は明かせない部分もある」と理解を求めた。

     住民からは「検問で魚の鮮度が落ちないか心配だ」「仕事で使う包丁は持っていても大丈夫なのか」などの質問が出た。【永野航太】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 長谷川豊アナ 「降板まで発展するとは夢にも思いませんでした」
    2. 豊洲市場 前市場長「盛り土ないことは認識」歴代初の証言
    3. 豊洲市場 小池知事定例会見(1)「盛り土せず」に5段階
    4. 衆院予算委 首相「私が促したわけではない」起立と拍手に
    5. 豊洲市場 小池知事「残念ながら出た」ベンゼンとヒ素検出

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]