メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三井住友銀

普通預金、金利下げ 0.001%に

過去最低水準 100万円を1年間預けて利息は10円

 三井住友銀行は15日、普通預金の金利を0.02%から0.001%に引き下げると発表した。16日から始まるマイナス金利の影響を考慮したもので、同日から実施する。普通預金の金利引き下げは2010年9月以来、約5年半ぶりで、0.001%は02年4月〜06年7月までと並び過去最低の水準だ。100万円を1年間預けても10円しか利息がつかない計算になる。

     一方、住宅ローンの固定金利は引き下げる。主力商品の10年固定では、最優遇金利を1.05%から0.90%と初めて1%未満の水準とする。米ドルの普通預金など外貨建ての預金金利は引き上げる。

     日銀のマイナス金利導入決定で市場金利が低下したことを踏まえ、金融機関では定期預金の金利の引き下げが相次いでいる。普通預金については、ソニー銀行が今月1日に0.02%から0.001%に引き下げたが、メガバンクでは初めて。三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行も追随する可能性がある。【土屋渓】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大相撲九州場所 白鵬の「物言い」注意 協会「価値下げないように」
    2. 自民・竹下氏 同性パートナー出席に反対 宮中晩さん会
    3. 宮古・健康施設 日ごろの疲れ吹っ飛ぶ「リンゴ風呂」
    4. 質問なるほドリ 藤井四段 昇段しないの?=回答・丸山進
    5. 三菱マテリアル 子会社が素材製品の検査データ改ざん

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]