メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

普通預金、金利下げ 0.001%に

過去最低水準 100万円を1年間預けて利息は10円

 三井住友銀行は15日、普通預金の金利を0.02%から0.001%に引き下げると発表した。16日から始まるマイナス金利の影響を考慮したもので、同日から実施する。普通預金の金利引き下げは2010年9月以来、約5年半ぶりで、0.001%は02年4月〜06年7月までと並び過去最低の水準だ。100万円を1年間預けても10円しか利息がつかない計算になる。

     一方、住宅ローンの固定金利は引き下げる。主力商品の10年固定では、最優遇金利を1.05%から0.90%と初めて1%未満の水準とする。米ドルの普通預金など外貨建ての預金金利は引き上げる。

     日銀のマイナス金利導入決定で市場金利が低下したことを踏まえ、金融機関では定期預金の金利の引き下げが相次いでいる。普通預金については、ソニー銀行が今月1日に0.02%から0.001%に引き下げたが、メガバンクでは初めて。三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行も追随する可能性がある。【土屋渓】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 発信箱 残酷の軽さ=小国綾子
    2. 暴行容疑 体にチューブ挿入、息吹き込む 3消防隊員逮捕
    3. 特集ワイド・ニュースアップ 神戸市教委 「いじめ解消率100%」の疑問 子どもに向き合え=社会部・亀田早苗
    4. けんか 重体の小4男児死亡 東京・足立
    5. 川崎中1殺害 切りながら「ごめん」 リーダー格が証言

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]