メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自爆攻撃か 警察官2人死亡、民間人ら18人負傷

南部ダゲスタン共和国デルベント郊外 車が爆発

 【モスクワ杉尾直哉】ロシア南部ダゲスタン共和国デルベント郊外で15日、車が爆発し、現地からの報道によると警察官2人が死亡、民間人ら18人が負傷した。当時、検問所で警察官が車を調べようとしていた。ロイター通信によると、過激派組織「イスラム国」(IS)傘下の武装勢力が犯行声明を出した。

     プーチン政権が昨年9月末に「IS掃討」のためのシリア空爆を開始して以降、ロシア国内で自爆攻撃が伝えられたのは初めて。ISは昨年10月、露軍によるシリア空爆への報復として、エジプト・シナイ半島上空を飛行中の露旅客機を爆破し、乗客乗員224人全員が死亡した。

     ダゲスタンは穏健なイスラム教徒が多い地域だが、1990年代から過激派が増え、これまでに約1000人のIS同調者がシリアとイラクに渡航したとされる。露治安部隊は昨年から今年にかけ、ダゲスタンの山岳地帯で「テロリスト掃討作戦」を展開している。

     ダゲスタンでは、隣接するチェチェン共和国の武装勢力が99年、「イスラム国家」樹立を訴えて侵攻し、第2次チェチェン紛争に突入した経緯がある。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 長谷川豊アナ 「降板まで発展するとは夢にも思いませんでした」
    2. 豊洲市場 前市場長「盛り土ないことは認識」歴代初の証言
    3. 豊洲市場 小池知事定例会見(1)「盛り土せず」に5段階
    4. 衆院予算委 首相「私が促したわけではない」起立と拍手に
    5. 豊洲市場 小池知事「残念ながら出た」ベンゼンとヒ素検出

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]