メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

測量を支援…1万2000人分データベース化

 江戸時代に全国を歩き、日本最初の実測地図を作製した伊能忠敬(1745〜1818年)の測量を支援したのべ約1万2000人の名前がデータベース化され、開発した伊能忠敬研究会(渡辺一郎名誉代表)が15日、公開を始めた(http://www.inopedia.tokyo/database/)。子孫や資料を発掘し、伊能研究と顕彰を進める狙いだ。

     測量日記28巻、のべ4600日分に書かれた人名を拾い上げた。1800(寛政12)年〜1816(文化13)年に及ぶ第1〜第9次測量が対象。北海道から九州まで各市町村別に、宿の提供者、出迎え、あいさつに来た者などの名が記載されている。同会は「測量を支援した地元旧家には、まだ未公開資料が残されているはず」と期待している。

     忠敬の測量は、幕府やその指令を受け入れた諸藩、庶民らの協力によって完成した。このため同会は忠敬の没後200年にあたる2018年秋、東京都内で測量関係者の子孫らが集う大会を開く予定。先祖に伊能測量の支援者がいる人や、資料などをもっている人に協力を呼びかけている。問い合わせは同会の戸村茂昭さんに電話(080・5419・8078)かメール(dbenquiry@inopedia.tokyo)で。【栗原俊雄】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 新垣結衣、高校生告白の練習台に 「初めてが私でいいんですか?」と神対応
    2. 衆院選 台風接近、22日は大雨の可能性
    3. 交通トラブル 「殺すぞ」と脅した男逮捕 兵庫県警
    4. 米旅行誌 世界都市ランク 東京が連続首位 京都3位に
    5. コキア 丘を真っ赤に 茨城ひたち海浜公園

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]