メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

40代巡査長が自殺…久松署

 15日午前2時20分ごろ、東京都中央区日本橋久松町の警視庁久松署敷地内にある署別館の階段踊り場で、同署の40代の男性巡査長が首をつっているのを別の署員が見つけた。巡査長は搬送先の病院で死亡が確認された。巡査長が見つかった辺りに、自殺をほのめかす内容が書かれた紙片が置かれていたという。

     同署によると、巡査長は2階と3階の間の踊り場で首をつっていたという。この日は当直勤務で、集合時間の午前1時になっても姿を見せないことから署員らが署内を捜していた。【神保圭作】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. NHK 「ガッテン!」で謝罪 行き過ぎた表現
    2. 長野の動物園 ライオンに襲われ重傷 獣舎内で女性職員
    3. 森友学園 「ごみ埋めた」業者証言
    4. 飼育員重傷 ライオンは水が苦手、なぜ洗った?同業者疑問
    5. 社説 森友学園 理事長は国会で説明を

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]