メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フジ番組、人権侵害あったと勧告…再現ドラマ巡り

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会(委員長・坂井眞弁護士)は15日、フジテレビのバラエティー番組「ニュースな晩餐(ばんさん)会」で人権侵害があったとして、再発防止のために人権と放送倫理に配慮するよう勧告した。

 問題の番組は昨年3月8日に放送された。社内でいじめに遭い、ストーカー被害を受けたと訴える女性社員の証言に基づいた再現ドラマや、同僚を隠し撮りした映像などを放送した。これに対し、同僚の女性が「いじめの首謀者で、ストーカー行為を指示したとされたが、事実無根」と名誉毀損(きそん)を申し立てた。

 人権委は、再現ドラマについて、被害を訴える女性の主張のみに従って制作されたと指摘。同僚の女性によるストーカー行為の指示は「真実であるとはおよそ認められない」と判断した。

 同番組を巡っては、ストーカーを実行したとされる別の同僚も人権侵害を申し立てていた。

 人権委は「放送の主要な部分は真実だが、名誉やプライバシーへの配慮を欠いた」として「放送倫理上の問題がある」との見解を発表した。

 フジテレビは「勧告ならびに見解を真摯(しんし)に受け止め、視聴者に信頼される番組制作および放送に努めていく」とコメントした。【須藤唯哉】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レゴランド 人気も料金も高く…開業1カ月で見えた課題
  2. 首相 大丈夫?答弁の解釈、辞書になく…言葉の粗雑さ露呈
  3. 社説 深刻さ増す人手不足 政府の危機感が足りない
  4. アクセス 大丈夫?首相の言葉 「そもそも=基本的に」辞書になし 訂正でんでん、私は立法府の長…粗雑さ露呈
  5. 有田陶器市 4キロに500店舗 401年目の熱気 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]