メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被爆橋柱を破損…展示替え作業中

 長崎市は15日、原爆資料館(同市平野町)に展示している被爆橋柱(きょうちゅう)が、資料館内での展示替えの作業中に折れたと発表した。

     市によると、折れたのは爆心地から約40メートルの川にかかっていた「さかい橋」の石柱(高さ95センチ、推定重量210キロ)。被爆によって先頭部が溶けてひび割れており、熱線による被害を伝えるコーナーのガラスケース内に展示されていた。

     12日午後7時ごろ、展示替えのため、橋柱を一旦ガラスケースの外に出す際、業者が橋柱をマットの上に寝かせ、位置をずらそうと手で押したところ、先頭部から3分の2の位置で折れたという。

     市被爆継承課は「被爆のダメージと70年の歳月でもろくなっていたようだが、目視で見抜けなかった。どのように修復すればいいか専門家とよく相談したい」と話している。【大平明日香】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 気象庁 6〜8月、高温の予報 ラニーニャ影響
    2. ウィンドウズ10 「勝手に更新」苦情
    3. ホンダ 復活、高級スポーツカー「NSX」1号車完成
    4. 女子大生刺傷 ストーカー規制法、ブログ対象外に疑問視
    5. 都市対抗野球予選 JR東、明治安田生命に逆転サヨナラ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]