メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被爆橋柱を破損…展示替え作業中

 長崎市は15日、原爆資料館(同市平野町)に展示している被爆橋柱(きょうちゅう)が、資料館内での展示替えの作業中に折れたと発表した。

     市によると、折れたのは爆心地から約40メートルの川にかかっていた「さかい橋」の石柱(高さ95センチ、推定重量210キロ)。被爆によって先頭部が溶けてひび割れており、熱線による被害を伝えるコーナーのガラスケース内に展示されていた。

     12日午後7時ごろ、展示替えのため、橋柱を一旦ガラスケースの外に出す際、業者が橋柱をマットの上に寝かせ、位置をずらそうと手で押したところ、先頭部から3分の2の位置で折れたという。

     市被爆継承課は「被爆のダメージと70年の歳月でもろくなっていたようだが、目視で見抜けなかった。どのように修復すればいいか専門家とよく相談したい」と話している。【大平明日香】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 防衛相 稲田朋美氏、辞任の意向固める
    2. 今井絵理子参院議員 コメント全文 不倫「断じて略奪ではない」
    3. 今井絵理子参院議員 橋本健・神戸市議がコメント 週刊誌の内容は「概ね事実」
    4. 参院議員資産公開 歌手の今井絵理子氏、預金6800万円
    5. 七夕まつり 愛知・一宮で開幕 飾り1000本風に揺れ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]