メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厳しい海、息子と漁に

長男の岬くん(奥)と漁に出る紺野幸一さん=宮城県気仙沼市で、梅村直承撮影
避難先で「漁師のハンモック」を作る紺野幸一さん=宮城県気仙沼市で2011年8月、梅村直承撮影

 夜が明け始めた冬の海で紺野幸一さん(59)と長男の岬くん(15)は網を引き上げる。「厳しいなんつうもんでねえよ。生きてくのでやっとだ」。宮城県気仙沼市本吉町で自宅と5隻の漁船を津波に流された。震災直後、避難先で仲間と網を使った「漁師のハンモック」を作り、生活の糧にした。

     震災から2年4カ月たち、やっと漁船が手に入ったが、首を痛めて手術。仕事が滞り、漁具の支払いのために漁に出る日々。先月、本格化したホヤの養殖が悪天候で流され、苦境が続く。自宅の再建には程遠い。

     ただ、一筋の光がある。岬くんが今春、中学を卒業し、一緒に漁をすると決めた。「まだ危なっかしいんだ」。紺野さんの目がほんの少しだけ緩んだ。【梅村直承】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ストーリー 脳腫瘍の16歳、作曲支えに(その1) 瞳輝くメロディー
    2. 熊本県議 松野明美氏、復興議会を欠席 「所用」で講演
    3. 米大統領広島訪問 平岡・元広島市長「何をしに来たのか」
    4. 伊勢志摩サミット 「リーマン級」に批判相次ぐ
    5. 器物損壊 益城町で落書き、47歳容疑者逮捕 県警 /熊本

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]