メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島の黒田、9年ぶりの日南キャンプ

 広島の黒田博樹投手が15日、午前に宮崎空港に到着し、午後にグラウンドで体を動かした。小林投手コーチとのキャッチボールでは最長約70メートルの距離で70球余り投げるなど、16日のチーム合流を前に約1時間の調整。10日に41歳となった右腕はこれまで、自宅のある米国で自主トレをしていた。

     米大リーグから復帰した昨季は沖縄での2次キャンプで合流しており、9年ぶりの日南キャンプに「久しぶりという感じはない。若い頃は練習がハードで走ってばかり、投げ込みもしていた。思い入れは沖縄より強い」。日米通算200勝まであと7勝。「一試合一試合めいっぱい投げきりたい。1年間、ローテーションを守りたい」と誓った。【日南・福田智沙】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 松山千春さん ANA機内で熱唱 出発遅れで申し出
    2. 叶姉妹 念願のコミケ初出展 グッズ完売後も名刺手渡しの“神対応”
    3. 食中毒 5歳女児重体 O157、総菜サラダが原因 埼玉
    4. グリコ 広島、佐賀の2工場閉鎖へ 生産拠点再編
    5. 夏の高校野球 中京大中京マネジャー、広陵を応援 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]