メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社会人野球

ナックルで大リーグ挑戦 慶大生の佐野川投手

 打者の手前で不規則に変化して「魔球」とも呼ばれるナックルボール。習得が難しく、日本球界では使いこなす投手は少ないが、社会人野球のクラブチーム、ウィーンベースボールクラブ(神奈川県鎌倉市)の投手で慶応大4年、佐野川リョウ(本名・怜)さん(22)は、約10年間磨き上げたこの変化球を武器に将来はプロ野球選手を目指す。米国でプレーするチャンスを求め、現在はアリゾナ州で開かれている合同トライアウトに参加している。【大村健一/デジタル報道センター】

 佐野川さんが試合で投げる球はほぼすべて、山なりのナックルボールだ。「どんな相手にも、ど真ん中に向か…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  3. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  4. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  5. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、友井に会う可能性を否定「あいつは僕の中で死にました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです