メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

陣野 俊史・評『ヘッドフォン・ガール』高橋健太郎・著

時代のかけらを集めて見事に奏でられた物語

◆『ヘッドフォン・ガール』高橋健太郎・著(アルテスパブリッシング/税抜き1600円)

 音楽評論家・高橋健太郎、初の小説。主人公のカズは、行方不明になった伯母の家で、古い映写機に触れるうち、タイムスリップしてしまう。それだけではない。どうやらそこは地下鉄で、ヘッドフォンで音楽を聴いている若い女性の体に入りこんでしまったようなのだ……。

 よくある近未来小説? いや、断じて違う。近未来への時空間の移動は、小説にとって大きな問題じゃない。…

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文861文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南北首脳会談 両首脳が握手 金正恩氏初めて韓国側に
  2. 中学の性教育授業 都と足立区が火花 避妊の方法はだめ?
  3. 広島県警 防犯カメラに逃走受刑者か 向島北部
  4. 総務相 スマホ「4年縛り、説明徹底を」 指針改正へ
  5. 有働由美子アナ マツコさんと同じ芸能事務所に所属

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]