メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

興梠優護

新作個展「Pond」 広がる色と光

新作について語る興梠優護さん=清水有香撮影

 水面に映る私の影が風に揺らぎ、光ににじむ。画家、興梠(こうろぎ)優護(33)の描くおぼろげな人の姿はそんな一瞬の美を連想させる。興梠の新作個展「Pond」が大阪市西区のヨシミアーツで開かれている。光や色をテーマにした油彩画7点が展示され、画家の新境地がうかがえる。

 画面中央に並ぶ女性2人のシルエット。鮮やかなピンクや乳白色が混じり合う。興梠にとって裸体は一貫したモチーフだが、「最近は人の体を描いているという意識はない。あくまで絵のきっかけに過ぎず、むしろ構図や色に意味がある」という。移ろう色や形、…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称 
  2. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
  3. デルタ航空 デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  4. 高知・須崎市、1年でふるさと納税300倍 成功の裏にゆるキャラと“名演出家”
  5. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、無念の謝罪 結成時にDVの事実確認も「わからなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです