メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

興梠優護

新作個展「Pond」 広がる色と光

新作について語る興梠優護さん=清水有香撮影

 水面に映る私の影が風に揺らぎ、光ににじむ。画家、興梠(こうろぎ)優護(33)の描くおぼろげな人の姿はそんな一瞬の美を連想させる。興梠の新作個展「Pond」が大阪市西区のヨシミアーツで開かれている。光や色をテーマにした油彩画7点が展示され、画家の新境地がうかがえる。

 画面中央に並ぶ女性2人のシルエット。鮮やかなピンクや乳白色が混じり合う。興梠にとって裸体は一貫したモチーフだが、「最近は人の体を描いているという意識はない。あくまで絵のきっかけに過ぎず、むしろ構図や色に意味がある」という。移ろう色や形、…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文630文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 焦点・働き方改革 首都圏・総合病院の医師悲痛 当直明けも分刻み 「長時間労働、野放し状態」
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. 「18歳成人」に思う 性別変更、慎重に判断して タレント・KABA.ちゃん(49)
  4. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 多額の保険、姉逮捕 堺
  5. クローズアップ2018 違法塀「人災」濃厚 認識に甘さ、命守れず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]