メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

興梠優護

新作個展「Pond」 広がる色と光

新作について語る興梠優護さん=清水有香撮影

 水面に映る私の影が風に揺らぎ、光ににじむ。画家、興梠(こうろぎ)優護(33)の描くおぼろげな人の姿はそんな一瞬の美を連想させる。興梠の新作個展「Pond」が大阪市西区のヨシミアーツで開かれている。光や色をテーマにした油彩画7点が展示され、画家の新境地がうかがえる。

 画面中央に並ぶ女性2人のシルエット。鮮やかなピンクや乳白色が混じり合う。興梠にとって裸体は一貫したモチーフだが、「最近は人の体を描いているという意識はない。あくまで絵のきっかけに過ぎず、むしろ構図や色に意味がある」という。移ろう色や形、…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文630文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米「ソウルの女王」 アレサさん危篤 グラミー賞18回
  2. 日本文学研究者 キャンベルさん、同性愛公表し議員批判
  3. 戦争を知らないけれど /1(その1) 42歳、玉砕を漫画に 生還兵「あなたは戦ったのか」
  4. 山口2歳児不明 ドローンも使い捜索も手がかりなく
  5. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです