メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長からの手紙

文具を通じて /兵庫

尼崎市の歴史や産業などもパネルで紹介された「NIKKOフェア」会場=兵庫県尼崎市昭和通2で、伊地知克介撮影

 尼崎市東難波町の事務用品販売大手、日興商会(藤縄健一社長)による「NIKKOフェア」と「あまがさき文具まつり」が今月4〜6日、尼崎市のアルカイックホール・オクト、都ホテルニューアルカイック、市中小企業センターで開かれました。文具、事務用品の見本市や即売会が中心の催しで、フェアは約7000人、文具まつりは2500人の人出でにぎわいました。会場に、尼崎市の市制100年について説明するパネルがあり、尼崎市の歴史について学ぶことができる、というあたり、「尼崎愛」があふれている感じでした。

 フェアは今年で50回目、日興商会は創業70年になります。尼崎市は市制100年を迎えます。藤縄社長は…

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文891文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  3. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ
  4. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  5. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです