メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夢をつかむ

筋電義手の子どもたち/26 可能性感じる2歳 早めのステップアップも /兵庫

自宅で父英司さん(右)、母ジェさんと一緒にリズム体操をする前川夢奈ちゃん=神戸市西区で、桜井由紀治撮影

 生まれつき両手足の先がなく、兵庫県立リハビリテーション中央病院(神戸市西区)が創設した「小児筋電義手バンク」から筋電義手の貸与を受けている前川夢奈(ゆな)ちゃん=同区=は1月28日、2歳の誕生日を迎えた。

 お祝いのケーキをたくさん食べた夢奈ちゃんの成長は目覚ましい。足首から先がない両足の骨も伸び続け、義足は3足目になった。夢奈ちゃんが通う同市立王塚台保育所(同区)では、砂場遊びが大好きで、寒い日も友達と元気に遊ぶという。母ジェさん(35)と保育所の保育士が、夢奈ちゃんの日々の生活を報告し合っている「交換日記」は入所以来続き、3冊目となった。夢奈ちゃんの成長の様子が読み取れる。

 <久しぶりに筋電義手の練習をしました。「てて、しょっかー」と義手を見せると、初めはプイッとそっぽを…

この記事は有料記事です。

残り1066文字(全文1408文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  3. 拉致問題 「めぐみちゃん」心の支え 横田滋さん入院生活
  4. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  5. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです