メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マイナス金利の衝撃

/上(その2止) 家計、利息収入先細り 借りる人にはメリット

 <1面からつづく>

 マイナス金利がスタートした16日、金融機関同士が1日間だけ資金を貸し借りする取引では、指標となる「無担保コール翌日物金利」が一時、2006年2月以来、10年ぶりに0%まで下がった。日銀にお金を預けておくと手数料をとられて損をするので、「金利が0でも貸し出しに回した方がまし」というわけだ。同じように金利が下がり、お金が積極的に貸し出されて投資や消費に回れば、景気の押し上げも期待できる。

 だが、マイナス金利はメリットばかりではない。とりわけ家計にとって深刻なのが、金融機関の預金金利引き…

この記事は有料記事です。

残り1719文字(全文1973文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  2. 高校野球 仙台育英・佐々木前監督が学法石川監督に
  3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  4. 那須烏山 「那須ニコン」工場で爆発 3人負傷情報
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです