メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マイナス金利の衝撃

/上(その2止) 家計、利息収入先細り 借りる人にはメリット

 <1面からつづく>

 マイナス金利がスタートした16日、金融機関同士が1日間だけ資金を貸し借りする取引では、指標となる「無担保コール翌日物金利」が一時、2006年2月以来、10年ぶりに0%まで下がった。日銀にお金を預けておくと手数料をとられて損をするので、「金利が0でも貸し出しに回した方がまし」というわけだ。同じように金利が下がり、お金が積極的に貸し出されて投資や消費に回れば、景気の押し上げも期待できる。

 だが、マイナス金利はメリットばかりではない。とりわけ家計にとって深刻なのが、金融機関の預金金利引き…

この記事は有料記事です。

残り1719文字(全文1973文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  3. 「消費税を上げられるのか」国民の玉木代表 首相は増税方針、重ねて示す
  4. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです