メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オバマ米大統領

被爆地訪問、焦点に 4月以降最終判断

 【ワシントン及川正也】日米両政府内で、5月下旬の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に合わせて訪日するオバマ米大統領の広島・長崎の被爆地訪問の可否が焦点に浮上している。米政府はオバマ氏が掲げる「核兵器なき世界」の政策を前進させる狙いがあり、日本政府も実現を希望している。だが、米国内には原爆投下を正当化する世論が強いうえ、共和党が主導権を握る議会の反発も予想され、慎重に判断するとみられる。

 米政府は3月31日〜4月1日、隔年で開催している「核セキュリティーサミット」をワシントンで主催する…

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文690文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  3. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  4. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  5. 夏の高校野球 準決勝展望 北福岡大会あす、南福岡大会22日 /福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]