メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 電力小売りが4月から全面自由化され、家庭でも電力会社を選べるようになる。新規参入する新電力会社の事前予約が始まり、売り込み合戦の様相だ。選択肢は広がるが、どう選べばいいか戸惑う人も多い。ポイントをまとめた。

 ●各社のプラン比較

 電力小売りは2000年から段階的に自由化され、4月には一般家庭やコンビニなど小規模店舗にも拡大される。これまでは東京電力など全国10地域の電力会社が独占的に電気を供給してきたが、今後は自由に選べるようになる。

 電力小売りを行う企業は経済産業省に登録する。8日現在、ガス、石油、再生エネルギー発電、通信、住宅、…

この記事は有料記事です。

残り2441文字(全文2710文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  2. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  3. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  4. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
  5. アメフット 井上コーチ「QBつぶせ、けがが目的でない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]