メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンプ2016

プロ野球/5 DeNA 先発の柱、確立不可欠/西武 抑えの3候補、横一線

先発陣の柱として期待される山口

DeNA 先発の柱、確立不可欠

 昨季は12球団で唯一、規定投球回(143回)に到達した投手がゼロだった。チームの勝ち頭が久保康の8勝では寂しい。抑えには昨季新人王の山崎康が控えるだけに、最下位から下克上を果たすには、先発投手陣の整備が絶対条件になる。

 ラミレス新監督がキーマンに挙げるのは球威十分の本格派右腕、山口だ。選手会長に就任した今季は自覚を深め、キャンプで1日200球以上も投げ込む姿が目立つ。本人は「プロ11年目で一番いい」と話し、調子は上々だ。ラミレス監督は「チームリーダーで、先発の柱の1番手」と期待し、1月初めには開幕投手に指名した。

 先発陣には他にも久保康、井納、石田、砂田、球界最年長の三浦ら候補はひしめくが、昨季は年間を通して1…

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文819文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです