メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「末広がり」顔見ればいい事が…水戸のハチ

東日本大震災の1ケ月後に生まれ、水戸駅前で「幸せ」を振りまいてきた「招き猫」のハチ。眉毛が八の字の事から名前がついた=水戸市で2016年2月1日、梅村直承撮影

 水戸市のJR水戸駅前のたばこ屋で、店番をする猫が「幸福を呼ぶ猫」として人気を集めている。特徴的な額の「八」の字模様から、名前は「ハチ」。同駅北側の銀杏(いちょう)坂商店会にある「糸久たばこ店」の店頭に立つ。

 ハチは東日本大震災から1カ月後に生まれ、今の飼い主の前田陽一さん(59)にもらわれた。その愛嬌(あいきょう)のある顔で、震災でにぎわいの消えた駅前に笑顔を取り戻そうと、知人の長谷川香さんが店長を務める同店に預けられた。「末広がり」模様の招き猫としてたちまち人気ものになり、買い物客ばかりか、今では全国からハチ目当てに訪れる人がいるほどに。長谷川さんは「顔を見ていい事があったという人が多いんですよ」。ハチは平日午後1時から6時まで店にいる。【梅村直承】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士山 北限からとらえた 308キロ先、福島・花塚山
  2. NYタイムズ 「今年行くべき世界の52カ所」に大阪選出
  3. 北限の富士山 60回近く通い詰めてやっと撮影
  4. さまよう住まい 阪神大震災22年/上(その1) 一生の家と信じていた
  5. 富士山 北限からとらえた 福島・花塚山

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]