メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ギリシャの難民対策非難 宣言を準備

国境管理に「深刻な欠陥」

 【ブリュッセル斎藤義彦】欧州連合(EU)が難民問題を協議する18日からの首脳会議で、ギリシャの国境管理に「深刻な欠陥がある」と事実上非難する首脳宣言を準備していることが分かった。EU内の大半の地域では国境管理が廃止されているが、東欧諸国は国境管理の復活を主張。首脳宣言はこれを後押しする形になる。

 毎日新聞が入手した首脳宣言案で判明した。

 首脳宣言案はEU以外からの「移民流入の阻止は最優先(課題)」だと位置付け、トルコから海を渡ってギリシャに入り、バルカン半島を北上する「違法な移民の流れ」に「深刻な憂慮」を表明した。

 その上で、12日の大使級会合で決まったギリシャの国境管理の「深刻な欠陥」を指摘する合意を「正常な状況を回復する」ための「重要な一歩」だとして支持。ギリシャを事実上非難した。

 合意は、EUの大半の加盟国が加入し、国境管理を廃止する「シェンゲン協定」に関するもの。ギリシャが今後3カ月以内に状況を改善しなければ、EUの大半の加盟国が国境管理を2年間復活する権利を得て、国境管理廃止措置が空洞化する恐れがある。

 合意に反対したギリシャの外交筋は、シリア内戦の深刻な状況から「難民を追い返せない。問題のすり替えだ」と反論している。

 首脳宣言案はさらに、EU以外からの入国希望者が「条件を満たさない場合は拒否すべきだ」と厳しい対応を求めた。また、トルコなど他の国で難民申請する機会があったのにしなかった者も入国拒否対象とする厳しい内容となっている。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 業務妨害容疑 施設の破壊予告、無職男を逮捕 神奈川県警
  2. 琵琶湖 ハスの群生地、なぞの消失 県が本格調査
  3. 知的障害 通所女性が中絶 「望まない妊娠、再発防止を」 20代男女、施設内で性行為 施設側、認識の甘さ認める /神奈川
  4. リオ五輪 合宿打ち上げ、ゴイアニアへ…サッカー日本代表
  5. 相模原殺傷 容疑者「ヒトラーの思想が降りてきた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]