メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

官邸ドローン落下

41歳無職男に有罪判決 東京地裁

ドローンが見つかった首相官邸の屋上=東京都千代田区で2015年4月22日、本社ヘリから

 首相官邸の屋上に小型無人機「ドローン」を落下させたとして威力業務妨害罪などに問われた福井県小浜市の無職、山本泰雄被告(41)に対し、東京地裁は16日、懲役2年、執行猶予4年(求刑・懲役3年)の判決を言い渡した。

     弁護側は業務妨害罪に当たらず、原発再稼働に反対する表現行為だとして無罪を主張した。これに対し、田辺三保子裁判長は「官邸職員は通常業務を中断して異常事態への対応を迫られた。憲法が保障する表現の自由は無制限ではなく、被告の行為は社会通念上許されない」と退けた。

     判決によると、山本被告は昨年4月9日未明、東京都港区赤坂の駐車場で、放射性物質を含む土砂が入った容器や発炎筒などを搭載したドローンを操作して官邸屋上に落下させ、同22日に発見した官邸職員の業務を妨害するなどした。【山下俊輔】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS TOKIO城島、国分、松岡、長瀬の4人も謝罪コメント発表 山口達也が無期限謹慎[全文掲載]
    2. 千葉市教委 「日焼け止め使用許可を」全中学に通知へ
    3. 近鉄 橋脚、上流側に7.8センチ傾く 南大阪線・大和川
    4. ORICON NEWS 国分太一、山口達也の“アルコール治療”明かす「断絶したい気持ちもあったと思う」
    5. 山口メンバー 「世の中騒がせた」涙で謝罪 無期限謹慎

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]