メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

41歳無職男に有罪判決 東京地裁

ドローンが見つかった首相官邸の屋上=東京都千代田区で2015年4月22日、本社ヘリから

 首相官邸の屋上に小型無人機「ドローン」を落下させたとして威力業務妨害罪などに問われた福井県小浜市の無職、山本泰雄被告(41)に対し、東京地裁は16日、懲役2年、執行猶予4年(求刑・懲役3年)の判決を言い渡した。

     弁護側は業務妨害罪に当たらず、原発再稼働に反対する表現行為だとして無罪を主張した。これに対し、田辺三保子裁判長は「官邸職員は通常業務を中断して異常事態への対応を迫られた。憲法が保障する表現の自由は無制限ではなく、被告の行為は社会通念上許されない」と退けた。

     判決によると、山本被告は昨年4月9日未明、東京都港区赤坂の駐車場で、放射性物質を含む土砂が入った容器や発炎筒などを搭載したドローンを操作して官邸屋上に落下させ、同22日に発見した官邸職員の業務を妨害するなどした。【山下俊輔】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ポケモンGO 運転中にゲーム 国内初の死亡事故 徳島
    2. 麻疹 大規模コンサートに感染者 2次感染可能性を警告
    3. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」 元料理人に正恩氏発言
    4. NHK 「貧困女子高生」に批判・中傷 人権侵害の懸念も
    5. 小野憲史のゲーム時評 「ポケモンGO」バッシング 「ゲーム世代」が反対派に回る理由

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]