メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「太く短い人生」いかが 弘前大生企画

弘前大生が企画した「短命県体験ツアー」募集のチラシ

 塩分の取りすぎなどで青森県民の平均寿命が短いことを逆手に取り、弘前大の学生が「短命県体験ツアー」を企画した。20〜21日に1泊2日で行われ、東京など県外の8人を含む10人が参加する。

     まず「朝から飲もう」と20日朝に弘前市の酒蔵に向かい、その後は煮干しラーメン屋へ。翌日は豪雪地の雪かきも体験する。ツアーを手掛ける旅行会社いわく「健康で長生きできる自信のある人にお勧め」。

     企画した弘前大3年の坂本大河さんらは「塩分多めだが、青森にはおいしい食があり、地酒もうまい。ここで暮らす幸せな生き方も知って」と話す。参加者は魅力満載の「太く短い人生」を体験する。【松山彦蔵】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 置き去り死亡 2歳児、車内に8時間 父親降ろし忘れ出勤
    2. 「熱中症」診断 実は脳梗塞…家族「すぐに分かれば」
    3. 高校野球 無念の没収試合…熱中症?交代要員なく 和歌山
    4. ポケモンGO 西本願寺が一転、プレーヤー歓迎の看板
    5. 知的障害 通所女性が中絶 「望まない妊娠、再発防止を」 20代男女、施設内で性行為 施設側、認識の甘さ認める /神奈川

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]