メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

抜き打ち検査…再発防止策の素案 環境省

 冷凍カツなど食品廃棄物の横流し発覚を受け、環境省は16日、都道府県による廃棄物処理業者の抜き打ち検査や、廃棄物を出す事業者に転売防止策を求めることなどを柱とする再発防止策の素案を公表した。今後、有識者や事業者の意見を反映させ、今月下旬にも各自治体に通知する。

     都道府県による産廃処理業者への検査は、事前に連絡した上で実施するケースが多かったが、抜き打ちでの立ち入り検査などで監視体制を強化する。また、廃棄物の処分日と場所、数量などを記入する「産業廃棄物管理票」について、食品廃棄物を出す業者と処理業者の報告に違いがあれば自動検知するシステムの導入を検討する。

     一方、食品廃棄物を出す業者に対しては、捨てる際に袋を開封したり、他の廃棄物と混ぜたりして、そのまま商品として転売することができないような措置を求める。

     丸川珠代環境相は16日の閣議後記者会見で「今回は悪質な事業者によるものだが、未然に防げなかったことを踏まえると、再発防止策に速やかに着手することが重要だ」と述べた。【渡辺諒】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 地震 伊豆大島近海震源、相次ぐ 「今後も続く可能性」
    2. 御巣鷹からの伝言 日航ジャンボ機墜落事故30年/2 生存者・川上慶子さんの兄「迷い、必死に生きた」
    3. 生物学五輪 日本代表、金1個と銀3個を獲得
    4. 女子高生死亡 ビルの屋上から転落か 熊本
    5. クローズアップ2016 ポケモンGO、日本配信 経済効果にワクワク、ハラハラ歩きスマホ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]