メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松坂、フリー打撃に登板「どの球種もOK」

2軍のフリー打撃に登板したソフトバンクの松坂=宮崎市生目の杜運動公園で2016年2月16日午後0時21分、角田直哉撮影

 ソフトバンクは16日、右肩手術からの復活を目指すソフトバンクの松坂が、今キャンプ初めてB組のフリー打撃に登板した。打者との対戦は昨年5月20日のウエスタン・リーグ、オリックス戦以来272日ぶり。

     打者2人に35球を投げ、安打性の当たりは計3本。スライダー、カットボール、チェンジアップ、カーブ、シュートと変化球もまんべんなく交え、事前に球種を打者に知らせたにもかかわらず、変化球で空振りを奪う場面もあった。久しぶりの打者との対戦に「ブルペンと雰囲気が違って良かった」とニッコリ。「どの球種でもしっかりストライクを取れたことが一番」と充実感を漂わせた。【宮崎・角田直哉】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 内田真礼 ミニアルバムがオリコン6位 発売初週に1.6万枚
    2. 富士山 北限からとらえた 308キロ先、福島・花塚山
    3. 特集ワイド お金ないから大学行けない 国立でも授業料年54万円、40年前比15倍
    4. 北限の富士山 60回近く通い詰めてやっと撮影
    5. 私立高 3割無償化 年収760万円未満対象、都が来年度

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]