メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

打撃改良へ試行錯誤 巨人・阿部が全体練習合流

巨人・阿部慎之助捕手(36)

 ずっと独自メニューで調整していたが、キャンプ地が沖縄に移った16日、全体練習に合流した。「(チームの)雰囲気が変わりますね」と高橋監督。やはり存在感は抜群だ。これまで室内のみだった打撃練習も初めてグラウンドで行った。正午で気温12.8度と沖縄とは思えない寒さに震えながらも「いい時間を過ごせた」と気持ちよさげに話す。

     捕手復帰が話題の今キャンプだが、もう一つの焦点が打撃の改良。16日のフリー打撃では右足の上げ方が昨季までより小さく、すり足に近かった。宮崎キャンプで松井秀喜・臨時コーチから受けた「軸足に重心を残して打つ」との助言を取り入れたものだ。

     最近2シーズン続けて打率は2割4分台、本塁打も20本に届いていない。内田打撃コーチは言う。「足を上げる、上げないは一番の問題じゃない。大事なのは自分の『間』を取り戻すこと」。近年、見失っていた自分のバッティングを探しての試行錯誤が続く。

     ここまでの仕上がりは「60%」という。「沖縄で試合ができる体を作れれば。頑張りますよ」。発する言葉は数少なく、短い。それが今季にかける決意の強さを示すようにも見える。【那覇・神保忠弘】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 加計学園 開学工事の工期「萩生田氏文書」通り
    2. クローズアップ2017 「加計」苦しさ増す政権 首相側近発言の新文書
    3. ひと TETSUYAさん=大学院に入学したEXILEのメンバー
    4. 自民 豊田議員、園遊会でもトラブル 母親入場させようと
    5. 都議選 共謀罪・加計で自民大逆風 有権者「ふざけるな」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]