メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中本ら15人招待 3月6日号砲

 リオデジャネイロ五輪の代表選考会を兼ねて3月6日に開催される第71回びわ湖毎日マラソン大会(日本陸上競技連盟、毎日新聞社など主催、住友電工特別協賛)の出場選手が16日、発表された。招待選手は国内8人、海外7人の計15人(欠場1人を含む)。リオ五輪の代表選考会はびわ湖が最後で、選手には順位だけでなくタイムやレース内容も求められる。

     国内招待選手は、2012年ロンドン五輪代表の中本健太郎(安川電機)と山本亮(SGホールディングスグループ)、昨夏の世界選手権(北京)に出場した前田和浩(九電工)ら。世界選手権2大会連続代表の藤原正和(Honda)は、エントリーしたものの右すね疲労骨折のため欠場する。海外招待では、2時間4分台のベスト記録を持つタデセ・トラ(エチオピア)、15年世界選手権の銅メダリスト、ムニョ・ソロモン・ムタイ(ウガンダ)らが出場する。

     一般参加では、2時間10分以内の記録を持つ川内優輝(埼玉県庁)、黒崎拓克(コニカミノルタ)らがエントリーした。川内は日本人4位に終わった昨年12月の福岡国際に続く2度目の選考会。リオ五輪選考要項の規定により、代表選考の対象になるには日本陸連の設定記録(2時間6分30秒)を切る必要がある。

     大阪市北区で記者会見した日本陸連の酒井勝充・強化副委員長は「数多くの有力選手がエントリーした。国内の戦いではなく、あくまでも世界で戦うために2時間6分30秒を目指してほしい」と期待を述べた。

     リオ五輪の選考会は、昨年12月の福岡国際で佐々木悟(旭化成)が2時間8分56秒で日本人トップの3位。今月28日の東京には2時間7分39秒の記録を持つ今井正人(トヨタ自動車九州)、ロンドン五輪代表の藤原新(ミキハウス)らが出場を予定している。【細谷拓海】

    リオ五輪の男子マラソン代表選考

     代表枠は3。現時点で内定者はなく、福岡国際、東京、びわ湖毎日の各日本人上位3人が対象となる。タイム、順位、レース展開などを総合的に勘案して選考されるが、日本陸連の設定記録2時間6分30秒を突破した最大1人は優先的に選ばれる。

    海外招待選手◇

    T・トラ(28、エチオピア)  2.04.49

    S・デチャサ(26、バーレーン)2.06.43

    L・ロティッチ(25、ケニア) 2.07.17

    H・ゾスト(34、ポーランド) 2.07.39

    S・キタタ(19、エチオピア) 2.08.53

    M・ムタイ(23、ウガンダ)  2.10.42

    A・シンブ(24、タンザニア) 2.12.01

    国内招待選手◇

    セルオド・バトオチル(34、NTN)2.08.50

    酒井将規(29、九電工)  2.09.10

    石川末広(36、Honda)2.09.10

    足立知弥(30、旭化成)  2.09.59

    山本亮(31、SGホールディングスグループ)2.08.44

    前田和浩(34、九電工)  2.08.00

    中本健太郎(33、安川電機)2.08.35

    (カッコ内は大会当日の年齢、国・所属。数字はベスト記録)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ポケモンGO 首都圏で50キロ歩いてみた
    2. 相模原殺傷 「希望捨てずに」訴え 重度知的障害の青年
    3. 知的障害 通所女性が中絶 「望まない妊娠、再発防止を」 20代男女、施設内で性行為 施設側、認識の甘さ認める /神奈川
    4. 物は語る 女児のワンピース 広島原爆資料館未展示資料
    5. リオ五輪 セーリングの水質心配 「巨大なトイレ」指摘も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]