メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

通算2000安打へ「29」 広島・新井

広島・新井貴浩内野手(39)

 注目を集めるのは、16日からチームに合流した41歳の右腕・黒田。だが、同じく古巣復帰2年目で2歳年下の元本塁打王(2005年)も健在だ。

     昨季は本塁打こそ7本だったが、打率はチームトップの2割7分5厘。4番を務めた時期もあった。16日の紅白戦がキャンプ初の実戦となり、5番・一塁で出場。一回2死一、三塁での先制適時打は、福井が投じた初球の直球を中前へはじき返した。「思ったより動きは良かった」と、手応えも上々だ。

     キャンプのテーマは「反応」。直球を待っていて変化球が来た時に、体がどれくらい対応できるかを確かめている。通常のメニューをこなすかたわら、坂道のダッシュも精力的にこなし、順調に仕上げてきている。

     前夜は黒田と食事に行き、鍋料理をつつくなどして、話に花が咲いた。黒田とともにチームを引っ張る立場を期待される中、「まずは自分が一生懸命やる」と背中で手本を示すつもりでいる。

     通算2000安打の大台まで残り29。だが、一番の目標は25年ぶりの優勝だ。「そのために、しっかり打ちたい」。並々ならぬ決意がうかがえる。【日南・福田智沙】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. もう二度と 相模原殺傷事件1年 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否 「会って抱っこしたい」
    2. 相模原事件 「やまゆり園」止まったままの日常 内部公開
    3. 相模原事件 甘えん坊の娘、現実結びつかない 被害者の父
    4. 相模原事件 娘の死、向き合えぬ 62歳父、がん延命拒否
    5. ORICON NEWS サントリー、ビール広告動画が公開中止 内容に「下ネタ」と批判相次ぐ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]