メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マイナス金利の衝撃

/中 貸し出し増、不透明 地銀再編の引き金にも

 「銀行の収益を悪化させる政策だ」。日銀が2月3日、東京・日本橋の本店で金融機関向けに開いたマイナス金利政策の説明会で、出席者から悲鳴が相次いだ。マイナス金利は、銀行が日銀に預けるお金の一部にマイナス0・1%の金利を付けるもの。銀行は余ったお金を日銀に預けるだけで多少の利益を出せたが、今後は逆に金利を払うことになる。

 銀行の余ったお金を企業や家庭への貸し出しに振り向け、投資や消費が増えれば経済が活気づく−−。これが…

この記事は有料記事です。

残り984文字(全文1193文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  2. ニセコイ 2年ぶり復活 新作読み切り「ジャンプ」掲載へ
  3. 紀平梨花、GPファイナル初優勝 デビューシーズンで制覇の快挙
  4. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判
  5. 津のGSで灯油にガソリン混入 消防が注意呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです