メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・医療・健康

不妊治療「やめどき」の悩み

顕微鏡をのぞきながら受精卵を扱う体外受精=ファティリティクリニック東京で2010年、五味香織撮影

 子どもが欲しくて不妊治療を続けても、なかなか望みがかなわないカップルにとって、治療をいつまで続けるかは大きな問題だ。注いだ時間やお金が大きいほど、区切りを付ける選択は苦しいものになるが、年齢別の妊娠率などを目安にそれぞれ答えを出すしかないのが実態だ。

 「治療中、『やめる』ことは常に頭にあったけれど、『多くの時間とお金を費やしたのだから、このままではやめられない』という気持ちも。『もうやめたほうがいい』と分かっていても、やらずにはいられない……心の平穏のために治療を続けていた」

 不妊症に悩むカップルを支援する東京のNPO「Fine」の松本亜樹子代表が先月出版した「不妊治療のや…

この記事は有料記事です。

残り1278文字(全文1569文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ
  3. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  4. 札幌爆発 パニックの中、床抜け落ち助かる 間一髪の様子を客らが証言
  5. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです