メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

定期的な幹細胞注射で症状悪化を予防

 変形性膝関節症のラットの関節内へ定期的に幹細胞を注射することで、症状の悪化を予防できたとの実験結果を、東京医科歯科大、慶応大などの研究チームが国際科学誌に発表した。チームは1年後を目指し、実際の患者を対象にした臨床研究を実施する計画という。

     膝が痛む変形性膝関節症の患者は、国内に約850万人いると推定されるが、根本的な治療法はない。

     チームは、変形性膝関節症を発症させるためラットの膝の靱帯(じんたい)を切断し、1週間後から毎週、関節を包む滑膜(かつまく)から培養した幹細胞を注射した。注射しないラットや最初に1回だけ注射したラットと比べ、関節の軟骨の形の変化や炎症が抑えられていた。

     4週間後に調べると、定期的に注射をしたラットは滑膜に幹細胞が定着していたが、1回の場合は幹細胞がなくなっていた。

     東京医科歯科大は、幹細胞を膝関節へ投与し、軟骨の損傷部分を再生させる臨床研究を実施している。チームの関矢一郎・同大教授は「今回の実験は、従来の臨床研究と考え方が異なる方法。幹細胞から軟骨の変形や炎症の悪化を抑える物質が作り出され、定期的な注射によって効果が長く続くようだ」と話す。【永山悦子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 成宮寛貴さん引退 衝撃の電撃発表&ゲイ告白 性的指向暴露“耐えられない”
    2. 視聴室 遂に開いた!ピラミッド真実への扉ツタンカーメンの秘宝と太陽の船新発見! 
    3. 世界に一つだけの花 累積売り上げ300万枚超え
    4. 社説 OPECの減産 原油高は歓迎できない
    5. 鳥インフル 名古屋・東山動物園、11日から休園

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]