メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者スポーツ

依然少ない助成金 スポンサー探し奔走中

「障害者スポーツに興味を持ってほしい」と呼び掛ける立石アルファ裕一さん(左)と弟のイオタ良二さん=福岡県古賀市の古賀市民体育館で2016年2月4日午後8時14分、尾垣和幸撮影

 9月のリオデジャネイロ・パラリンピックに向け、健常者に比べて国からの強化費が少ない障害者の競技団体が独自のスポンサー探しに奔走している。日本肢体不自由者卓球協会は障害者スポーツとして初めて自治体とのスポンサー契約を結び、今月20日には東京都でPRイベントも開催する。

 障害者スポーツは2014年度、競技力向上のための強化事業などの所管が厚生労働省から文部科学省に移った。日本障がい者スポーツ協会に加盟する競技団体への15年度の助成金も、10億5000万円と6年前の6倍に増加した。とはいえ、健常者スポーツに比べると依然5分の1ほどにとどまり、遠征や合宿費を自己負担する選手は多い。

 約20人の強化選手を抱える日本肢体不自由者卓球協会への助成金も15年度は約410万円。一方、リオの…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  3. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  4. 東京・池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡
  5. 漫画原作者の小池一夫さん死去 「子連れ狼」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです