メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あっせん団体許可制を検討 自民・議員立法で

 自民、公明両党は、実親が育てられない子どもを別の家庭に仲介する民間の養子縁組あっせん団体への規制を強化する法案の検討を始めた。早ければ今国会にも議員立法で提出する。両党の有志がまとめた法案骨子案は、団体の事業を現行の届け出制から都道府県による許可制にすることが柱。団体は全国に19あり、虐待や貧困などで実親が育てられないケースが増える一方、一部で多額の金銭取引が横行するなど不透明な実態が問題視されている。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 徳島県警 スマホ写真、被害者の瞳に容疑者の顔 解析成功
    2. 鑑識 事件捜査の職人たち/1 足痕跡係・北将治係長 /奈良
    3. WEB CARTOP 【突然の降雪でも慌てない】雪道を走るときに積んでおきたい装備10選
    4. 鳥取大雪 沿道住民、トイレ貸し握り飯配る 立ち往生車に
    5. WEB CARTOP 「雪道の立ち往生で罰金」報道でスタッドレスにもチェーンが必須という誤解発言

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]