メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中谷防衛相

「看過できない」中国、西沙にミサイル配備で

 中谷元(げん)防衛相は17日、米太平洋軍のハリス司令官と防衛省で会談し、中国が南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島の永興(同ウッディ−)島に地対空ミサイルを配備した問題を巡って意見交換した。中谷氏は「現状変更を試みる中国の一方的な動きは看過できない」と述べ、米軍の「航行の自由」作戦に対する支持を伝えた。

 ハリス氏は中国側が南シナ海を軍事化しないと説明してきたことを念頭に「習近平国家主席が約束を守れないことの表れだ」と述べた。

 また中谷氏はこれに先立ち、記者団に「中国にはより透明性のある説明を求めたい」と強調。永興島について「既存の滑走路の延長工事をするなど、拠点の整備を進めている」と述べた。【村尾哲】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  3. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  4. アメフット 井上コーチ「QBつぶせ、けがが目的でない」
  5. アメフット 内田前監督、常務理事の職務一時停止し謹慎に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]