メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貯蓄保険、販売中止 利回り確保できず

 第一生命保険の子会社「第一フロンティア生命保険」が16日、円建ての一時払い終身保険の一部と、個人年金保険の販売を停止したことが分かった。富国生命保険も3月1日から一時払い終身保険の一部の販売を中止する。マイナス金利政策の導入を受け、生命保険業界で貯蓄型の保険商品の販売を停止する動きが始まった。

     円建ての一時払い終身保険は、契約者がまとまった保険料を一括で払い込み、保険会社が顧客に一定の利回りを約束して国債などで運用する。このため、金利変動の影響を受けやすい。預金金利低下で利息が先細りする中、運用目的で購入する人が増えていたが、マイナス金利政策の効果で国債などの金利が低下すると、保険会社は利回りを確保することが難しくなった。

     今後、他の生保でも、販売中止や保険料値上げの動きが広がる可能性がある。【土屋渓】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 舛添氏 どれが「シロ」? 政治資金問題、都議会追及へ
    2. 小学館 本の回収を要請 西原さんと高須さん共著書
    3. 橋下前大阪市長 舛添都知事問題「セコイ」 島根で講演
    4. 特集ワイド 「原点」忘れた?舛添都知事 「弱者向いた政治を」→福祉政策に疑問符 「公のために尽くす」→クリーンほど遠く
    5. ヘイトスピーチ 公園利用を全国初の不許可 対策法で規制容易に 強行の対応に限界も 川崎市 /神奈川

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]