メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

弾圧「2・28事件」 日本人へ賠償、初認定

 【台北・鈴木玲子】台湾で1947年に国民党政権が台湾住民を武力弾圧し多数の死傷者を出した「2・28事件」で日本人の父親が犠牲になったとして、日本人遺族が台湾当局に損害賠償を求めた行政訴訟の判決で、台北高等行政法院(裁判所)は17日、600万台湾ドル(約2056万円)を支払うよう命じた。同事件で外国人被害者に賠償を認めたのは初めて。

 訴えていたのは、沖縄県浦添市の青山恵昭(けいしょう)さん(72)。青山さん一家は日本統治下だった台湾・基隆で暮らし、漁師だった父の故・恵先(えさき)さん(当時38歳)は出征後、ベトナムで終戦を迎えた。復員後の47年3月、台湾に家族を迎えに行き、基隆で国民党軍の兵士に連れ去られ、行方不明になった。

 青山さんは2013年、父の被害認定と賠償を求め、台湾当局に申請。被害者と認められたものの、賠償は「日本政府が台湾人元日本兵や慰安婦に賠償していないため、国家賠償法の平等互恵の原則に反する」などの理由で却下された。青山さんは昨年9月、処分撤回を求め提訴した。

 判決は「平等互恵の原則」を掲げた「国家賠償法」より、事件の被害者賠償を定めた特別法が優先されるとした。勝訴した青山さんは「人権と正義をうたい上げる画期的な判決」と喜んだ。事件では少なくとも日本人4人が犠牲になったとみられている。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香取慎吾 スマステ最終回で感激 「信じられない! 夢かなっちゃった」
  2. ORICON NEWS “偏差値32”のロンブー淳が青学受験に挑戦 100日間「全力で勉強」
  3. 香取慎吾 スマステ最終回で「新しい地図」に言及 「皆さんと一緒に大きな地図を…」
  4. ガンダム 「等身大」新立像がお目見え 東京・お台場
  5. ORICON NEWS 『SmaSTATION!!』16年の歴史に幕 香取慎吾が感謝「ありがとう!」 東京タワーも粋な演出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]