メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾

慰安婦記念館、9月に開館へ…人権団体

 【台北・鈴木玲子】台湾初となる慰安婦記念館の設置を計画している台湾の女性人権団体「婦女救援社会福利事業基金会」は17日、記念館の概要について発表した。台北市内の3階建ての古民家を改築し、今年9月に開館する予定。3月8日に看板かけ式を行い、改装を始める。慰安婦に関する史料や写真、映像などを展示し、人権教育に活用するという。同団体が同館予定地の古民家で記者会見した。

     団体は、開設費1200万台湾ドル(約4113万円)を含め、2年間の運営費2000万台湾ドル(約6856万円)を民間の募金を中心に集める予定。台湾の元慰安婦は少なくとも58人で、生存者は現在3人という。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
    2. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
    3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    4. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
    5. 大阪震度6弱 休校、ガスや水道停止 日常生活の影響続く

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]