メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

慰安婦記念館、9月に開館へ…人権団体

 【台北・鈴木玲子】台湾初となる慰安婦記念館の設置を計画している台湾の女性人権団体「婦女救援社会福利事業基金会」は17日、記念館の概要について発表した。台北市内の3階建ての古民家を改築し、今年9月に開館する予定。3月8日に看板かけ式を行い、改装を始める。慰安婦に関する史料や写真、映像などを展示し、人権教育に活用するという。同団体が同館予定地の古民家で記者会見した。

     団体は、開設費1200万台湾ドル(約4113万円)を含め、2年間の運営費2000万台湾ドル(約6856万円)を民間の募金を中心に集める予定。台湾の元慰安婦は少なくとも58人で、生存者は現在3人という。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 隠し撮り写真 中森明菜さん勝訴 東京地裁
    2. 知的障害 通所女性が中絶 「望まない妊娠、再発防止を」 20代男女、施設内で性行為 施設側、認識の甘さ認める /神奈川
    3. 相模原殺傷 衆院議長宛て手紙 全文
    4. 沢尻エリカ 「欲望に素直でありたい」 “お忍び”カット公開
    5. 相模原殺傷 消防の隊員「あまりに悲惨な状況に絶句」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]