メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米前国務次官

正恩氏、交渉気配ない「正日氏より残虐」

毎日新聞との会見に応じたシャーマン前米国務次官=東京都新宿区で2016年2月17日、大前仁撮影

 歴代の米政権で核不拡散問題を担当してきたシャーマン前国務次官は17日、東京都内で毎日新聞と会見し、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記について「金正日(キム・ジョンイル)総書記よりも残虐だ。金総書記は我々との交渉に臨もうとしていたが、(金第1書記は)そのような気配もない」と述べた。

 シャーマン氏は昨夏に合意したイランとの核交渉を担った経験を踏まえて「イランは国際社会とのつながりがあったし、国として機能しているが、北朝鮮は国というよりもカルト集団だ。北朝鮮相手の交渉の方がはるかに厳しいものがある」との見解を示した。

 一方で対イラン交渉について「誰もが(合意は)不可能と思っていた」と言明。米国が日韓などとミサイル防…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文721文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で
  3. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  4. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  5. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです