メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

正恩氏、交渉気配ない「正日氏より残虐」

毎日新聞との会見に応じたシャーマン前米国務次官=東京都新宿区で2016年2月17日、大前仁撮影

 歴代の米政権で核不拡散問題を担当してきたシャーマン前国務次官は17日、東京都内で毎日新聞と会見し、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記について「金正日(キム・ジョンイル)総書記よりも残虐だ。金総書記は我々との交渉に臨もうとしていたが、(金第1書記は)そのような気配もない」と述べた。

 シャーマン氏は昨夏に合意したイランとの核交渉を担った経験を踏まえて「イランは国際社会とのつながりがあったし、国として機能しているが、北朝鮮は国というよりもカルト集団だ。北朝鮮相手の交渉の方がはるかに厳しいものがある」との見解を示した。

 一方で対イラン交渉について「誰もが(合意は)不可能と思っていた」と言明。米国が日韓などとミサイル防衛(MD)システムの整備を進めると共に、制裁を強化していき、粘り強く北朝鮮政策に当たるべきだと主張した。中国が新たな国連安保理による制裁に後ろ向きな姿勢を取り続けているが、シャーマン氏は「鍵を握るのは中国だ。北朝鮮に対する資源供給(を縮小する)など多くの手段を握っている」と述べ、強い制裁に積極姿勢をみせるように中国に求めた。

 また同日に東京都内の日本記者クラブで開いた記者会見でも、事実上のミサイル発射実験に関して、「成否が問題ではない。実験を重ねることで能力向上につながるので許せない」と言明。オバマ政権の北朝鮮政策については「冷静に対応することと無関心であることは同じではない。北朝鮮がどのように動こうと、米国は自国と同盟国を守るための選択肢を持ち続けている」と強調した。

 シャーマン氏は2000年に国務省顧問としてオルブライト国務長官(当時)の訪朝に同行するなど、北朝鮮政策に精通している。【大前仁、松井豊】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上 ケンブリッジV…男子100決勝 日本選手権
  2. 英EU離脱 投票やり直し請願180万人超
  3. EU6カ国 英に早期離脱交渉要求 波及を警戒
  4. 英EU離脱 29日から非公式会議 議論本格化
  5. 英EU離脱 残留望んだ若者、怒りのデモ行進

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]