メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野党5党

安保法廃止法案を提出…国政の選挙協力で一致

 民主、共産、維新、社民、生活の野党5党は、安全保障関連法を廃止する「平和安全法制整備法廃止法案」と「国際平和支援法廃止法案」を衆院に共同提出した。これに先立ち5党は国会内で党首会談を開き、参院選や衆院補選など国政選挙での選挙協力を進めることで合意した。

     5党は関連法は憲法違反と批判しており、昨年の採決でもそろって反対した。夏の参院選に向け、関連法に反対する市民団体と連携しながら政権への対決姿勢を強める。

     党首会談では、民主の岡田克也代表が関連法廃止と集団的自衛権行使を認めた閣議決定の撤回▽安倍政権打倒を目指す▽国政選挙で現与党とその補完勢力を少数に追い込む▽国会対応や国政選挙のあらゆる場面で協力する−−の4点を呼びかけ、5党で合意した。

     昨夏に共産が国民連合政府構想を呼びかけて以来、民主、共産両党が選挙協力方針で一致するのは初めて。

     共産の志位和夫委員長は「参院選の(改選数1の)1人区で思い切った対応をしたい。国民連合政府の旗は横に置いて協力したい」と述べ、1人区での独自候補取り下げに前向きに応じる考えを示した。【細川貴代、松本晃】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. セクハラ疑惑 麻生財務相「はめられたとの意見ある」
    2. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
    3. 特集ワイド 財務事務次官のセクハラ疑惑 あきれた政府の人権感覚
    4. セクハラ疑惑 「ある意味犯罪」自民・下村氏が発言謝罪
    5. 訃報 衣笠祥雄さん71歳=元広島の「鉄人」、国民栄誉賞

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]