メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

観光誘客につなげろ…山形・南陽市が新設

 山形県南陽市が4月、「ラーメン課」を新設する。近隣の山形市は全国の県庁所在地と政令指定都市の計51市のうち、1世帯当たりの「中華そば」の年間支出額(2012〜14年平均)が1万3424円と全国(5548円)の倍以上でトップ。有名な赤湯地区の辛みそラーメンなどの情報を発信して観光誘客につなげたいという。

     同県では、来客があると出前ラーメンでもてなしたり、そば屋でラーメンを出したりする独特の文化がある。南陽市が総合戦略策定のため若者にアンケートしたところ、「市の強み」「市外の人に伝えたいもの」のトップはどちらもラーメンだったことが新課発足のきっかけになった。

     ラーメン好きの職員と市内外の市民各10人程度をラーメン課員として募集。手始めにラーメンをメニューに掲げる市内の飲食店の実態調査やマップ作りに取り組む。ラーメン店などの組合「赤湯麺業組合」に加盟していないそば屋なども多く、課員は食べ歩きをしながら、南陽ラーメンの特徴などのリサーチから始める。

     サクランボが特産品の同県寒河江市には「さくらんぼ観光課」がある。【佐藤良一】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 長谷川豊アナ 「降板まで発展するとは夢にも思いませんでした」
    2. 豊洲市場 前市場長「盛り土ないことは認識」歴代初の証言
    3. テレビ大阪 長谷川アナ降板 ブログ内容「不適切」と判断
    4. クローズアップ2016 都政に「小池カラー」次々 豊洲が改革試金石
    5. 豊洲市場 小池知事「残念ながら出た」ベンゼンとヒ素検出

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]