メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

観光誘客につなげろ…山形・南陽市が新設

 山形県南陽市が4月、「ラーメン課」を新設する。近隣の山形市は全国の県庁所在地と政令指定都市の計51市のうち、1世帯当たりの「中華そば」の年間支出額(2012〜14年平均)が1万3424円と全国(5548円)の倍以上でトップ。有名な赤湯地区の辛みそラーメンなどの情報を発信して観光誘客につなげたいという。

     同県では、来客があると出前ラーメンでもてなしたり、そば屋でラーメンを出したりする独特の文化がある。南陽市が総合戦略策定のため若者にアンケートしたところ、「市の強み」「市外の人に伝えたいもの」のトップはどちらもラーメンだったことが新課発足のきっかけになった。

     ラーメン好きの職員と市内外の市民各10人程度をラーメン課員として募集。手始めにラーメンをメニューに掲げる市内の飲食店の実態調査やマップ作りに取り組む。ラーメン店などの組合「赤湯麺業組合」に加盟していないそば屋なども多く、課員は食べ歩きをしながら、南陽ラーメンの特徴などのリサーチから始める。

     サクランボが特産品の同県寒河江市には「さくらんぼ観光課」がある。【佐藤良一】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 人生相談 結婚予定ない私に「やばいね」=回答者・渡辺えり
    2. 日本郵政 赤字400億円 3月期見通し、豪損失計上
    3. 現金出品 ヤフオクも禁止に メルカリと同じく
    4. 北朝鮮 大規模な砲撃訓練
    5. 辺野古埋め立て コバルトブルーに石材…「諦めたら最後」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]