メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

家庭向け電力販売に参入

 4月の電力小売りの全面自由化を巡り、中部ガス(愛知県豊橋市)などで構成するサーラグループは18日、家庭向けの電力販売に参入すると発表した。ガスとのセット利用で、中部電力の従来の電気料金より最大6.8%安く料金を設定する。18日から予約の受け付けを始め、4月1日から愛知、岐阜、三重、静岡などで販売する。

     現在月約1万円の電気代を支払う家庭の場合、ガスの使用契約がなくても月3.9%安くなる。ガス利用と合わせると4.9%、カード会員だとポイント特典分を合わせて6.8%の割引が受けられる。同社によると、4月以降の中部電の新料金より割安という。

     5年間で約3万5000件の契約を目指す。中部ガスの神野吾郎社長は「家庭生活に重要な電気を扱うことで、顧客をよりサポートできる」と強調した。【竹地広憲】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 市川由衣 第1子男児を出産 「感動で涙が止まりませんでした」
    2. 東京五輪組織委 賃借料4.7億円 16年度は7億円超に
    3. うどん・そば自販機 秋田港名物 40年余で初の値上げ 来月から200円→250円 老朽化で“治療費”かさみ /秋田
    4. 東京都 リオPR施設運営費、4分の3を負担か
    5. 内閣法制局 安保法決裁「5月0日」 文書ずさん記載

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]