メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

家庭向け電力販売に参入

 4月の電力小売りの全面自由化を巡り、中部ガス(愛知県豊橋市)などで構成するサーラグループは18日、家庭向けの電力販売に参入すると発表した。ガスとのセット利用で、中部電力の従来の電気料金より最大6.8%安く料金を設定する。18日から予約の受け付けを始め、4月1日から愛知、岐阜、三重、静岡などで販売する。

     現在月約1万円の電気代を支払う家庭の場合、ガスの使用契約がなくても月3.9%安くなる。ガス利用と合わせると4.9%、カード会員だとポイント特典分を合わせて6.8%の割引が受けられる。同社によると、4月以降の中部電の新料金より割安という。

     5年間で約3万5000件の契約を目指す。中部ガスの神野吾郎社長は「家庭生活に重要な電気を扱うことで、顧客をよりサポートできる」と強調した。【竹地広憲】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 外食チェーン 「串カツ田中」来月1日から食べ放題
    2. パソコン画家 エクセルで名画 群馬の77歳、初の個展も
    3. 特集ワイド 10・21 安倍首相、秋葉原演説会ルポ 政策より「敵たたき」に喝采
    4. 大リーグ イチローの去就、今週中に決定か 新体制が会議
    5. 立憲民主 「無所属と連携」議論へ 希望に小池氏排除の声

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]