メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

爆弾テロはYPGと断定

トルコ・アンカラの位置

 【エルサレム大治朋子】トルコの首都アンカラで17日起きた爆弾テロについて、ダウトオール首相は18日、反政府武装組織クルド労働者党(PKK)の協力を得て、シリアのクルド人民兵組織「人民防衛隊」(YPG)が行ったと断定した。

     アンカラ中心部で爆弾を積んだ車が爆発したテロでは、軍車両などが巻き込まれ、少なくとも28人が死亡し、60人以上が負傷した。ダウトオール氏は「YPGが直接関与した攻撃だ」と述べ、シリア国籍の男が実行犯だったと説明。事件に関与したとして14人を拘束したことも明らかにした。

     ロイター通信などによると、PKK、YPGともに事件への関与を否定している。

     トルコ軍は報復として、イラク北部のPKKの拠点を空爆し、70人以上を殺害したという。一方でAFP通信によると、トルコ南東部では18日、トルコ軍がクルド人勢力の攻撃を受け、少なくとも兵士6人が死亡した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 徳島県警 スマホ写真、被害者の瞳に容疑者の顔 解析成功
    2. 質問なるほドリ 天下りは規制できるの?=回答・鳴海崇
    3. 鑑識 事件捜査の職人たち/1 足痕跡係・北将治係長 /奈良
    4. 鳥取大雪 沿道住民、トイレ貸し握り飯配る 立ち往生車に
    5. 鳥取大雪 智頭2集落で孤立 岡山は新たに車立ち往生

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]