メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コラボを目指して…ハンガリーと郡山 

 コイを食べる文化があるハンガリーのセルダヘイ・イシュトバーン駐日大使が18日、福島県郡山市で品川万里(まさと)市長と懇談した。郡山は養殖コイの生産量が日本有数。

     原発事故の影響や風評被害で、郡山の生産量は大きく落ち込んだ。このため市は新たな商品開発に着手し、ハンガリーのコイ料理に学ぼうと大使らを招いた。

     市は「うま煮」「洗い」などの伝統的な料理でもてなす。ハンガリー側は大使館のシェフがコイを使ったスープやパスタを市内のホテルの調理人らに紹介する。「コイの滝登り」のごとく、互いの料理を昇華させられるか。【浅田芳明】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 徳島県警 スマホ写真、被害者の瞳に容疑者の顔 解析成功
    2. 鑑識 事件捜査の職人たち/1 足痕跡係・北将治係長 /奈良
    3. 准看護師遺体 元同級生の女、中国が引き渡しへ 大阪府警
    4. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで
    5. 特別背任容疑 再春館元役員を不起訴 熊本地検

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]