メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コイ料理

コラボを目指して…ハンガリーと郡山 

 コイを食べる文化があるハンガリーのセルダヘイ・イシュトバーン駐日大使が18日、福島県郡山市で品川万里(まさと)市長と懇談した。郡山は養殖コイの生産量が日本有数。

     原発事故の影響や風評被害で、郡山の生産量は大きく落ち込んだ。このため市は新たな商品開発に着手し、ハンガリーのコイ料理に学ぼうと大使らを招いた。

     市は「うま煮」「洗い」などの伝統的な料理でもてなす。ハンガリー側は大使館のシェフがコイを使ったスープやパスタを市内のホテルの調理人らに紹介する。「コイの滝登り」のごとく、互いの料理を昇華させられるか。【浅田芳明】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 尼崎脱線 意識不明5カ月、重い障害「仕事がうれしい」
    2. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
    3. ボクシング 比嘉ぼうぜん 記録、信頼…失ったもの多く
    4. 比嘉王座剥奪 具志堅会長「ファンに申し訳ない」
    5. 尼崎脱線 亡き兄に誓った救命の道 ICUの看護師に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]